弁天スタジオ・石垣の巻 その3

御一行をお見送りしてからの 後半。 e0002690_5344916.jpg

行きつけの店‘タニファ’に 石垣ノリで ‘気が向いた時間に行って弾くよ’ 
適当に行ってみると もう遊ぶ気満々の人が待ち構えて!(^^)!
真ん中のイギリス青年はホームステイに来ている高校生。
思い出に残るんだろうなぁ。。。
ちなみにこの店の箱もいっぱいに集まった。




日本最南端の地 波照間島に初めてに行きました。 e0002690_548891.jpg 

e0002690_5542063.jpg
e0002690_5535767.jpg



知人の車で島内観光。
牛さんの散歩と出会いました!!

歩いていたら どうなるのかなぁ。。


e0002690_67113.jpg 
e0002690_6111077.jpg
夜は大宴会になるわけで。。。

お面を被って踊る、踊る!
それがまた すごく上手い!

シュウさんの島唄は心に沁みました。


e0002690_6152688.jpg 












朝 5時半に起きて日の出、、残念ながら曇りでした。
案内してくれた柴田さんは 岡崎在住ですが年のうち半分は波照間で暮らす方。
おかげで 2~3年住まなければ判らないような島の裏事情などすっかりツウに^^

e0002690_6155149.jpg
曇りで波照間ブルーが出ていないから 本当は写真をとってほしくないそうです。
でも充分きれい。
オレンジTシャツは生徒の森さん、
8日に石垣入りして いきなり離島 波照間は上級!

e0002690_6283798.jpg







弁天スタジオに飾ってある海の写真が見れれば良い、と思って来たそうですが
なんの、なんの。そんなで帰すわけありません。
もちろん竹富島でそれも果たし 干潮の海をずっと歩いてやっと泳げる所は
珊瑚がいっぱいだからお魚さんもいっぱいいて、、、
それを見ている森さんは海女さんのようと、大笑いしていたおバカなワタシでした^^




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

e0002690_642258.jpg

最終日 石垣に戻り 我が家?でゆっくり。
オーナーと過去、石垣での何年間を写真を見ながら振り返りました。

いろんなことが詰まっている石垣。
たくさんの方が、お世話になっています。
先月の月末金曜弁天ライブの フラの純ちゃんやY子ちゃんも仲間です。

今回も 広い心で受け入れてくれました。
感謝してもしきれないほどの9日間でした。
e0002690_7104122.jpg
M沢様、石垣N様 心からありがとうございました。

また 個人的なブログに付き合ってくれたブロガーの方々、
ありがとうございました。


ここでの気を 横浜で活かして また頑張っていきます!

           michiyo ueda

                   
by m_benten | 2010-07-17 07:31 | スタジオより | Comments(10)
Commented by ruksak at 2010-07-17 11:07
すっごく素敵!
同じ言葉しか出てこないけど、
これぞ休暇じゃのう。 休みの間に本業もしっかり。

波照間ブルーってあるんだねえ。
人によって沖縄の海が一番美しいといいますもんね。
Commented at 2010-07-17 15:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kaorise at 2010-07-17 21:52
すばらしい旅でしたね〜最後の大宴会も笑い声がここまで響きそう。
bentenさんのほとんど南国っぽい器の大きさが石垣島とマッチしてるように感じました。
牛さんも可愛いですね、、のんびり歩いている姿に風情を感じます。
Commented by m_benten at 2010-07-18 08:50
ruksakさん
波照間ブルーのカキ氷もありましたが 私はおススメの黒蜜氷を食べました。
きな粉のようなものものっていて おなかがいっぱいになりましたわ!

そう、 海外からも沖縄のさんご礁が一番と知って来たという方と
久米島で知り合うったことがあります。
Commented by m_benten at 2010-07-18 08:53
鍵コメさん
親近感?(笑)
確かに あの6月と似たようなところもあった上に更に過激で
刺激的だったみたいです^^

6時半過ぎに仕事終わるから無理かな~
Commented by m_benten at 2010-07-18 09:00
kaoriseさん
そうでした、
中身の濃い 島の人も濃い旅でした。
波照間はこちらとは価値観が全く違うのです。
人間の原点みたいなものを感じて こういう場所がある日本という国の
幅の広さを感じて カルチャーショックもありました。

たいした器じゃござんせん、
ヒビがいっぱい入った器です^^
Commented by yucco at 2010-07-18 10:23 x
あー参加できなかったことが悔しいです(>_<) 充実した素晴らしい時間でしたね♪ M邸も変わらずで嬉しいです!!
波照間の海と空の色は本当にすごいですね。無駄な音やにおいがしないあの海へ、私もまた行きたくなりました。
またお話聞かせてくださいねーーー
Commented by m_benten at 2010-07-18 16:19
yuccoさん
M邸はゆっこちゃんが来るのを待っています。
Mさんからのこと伝てはそちらに。
Commented by cocomerita at 2010-07-28 03:00
あーあーなんかすっごく楽しそう
私も引き潮の海をどこまでも歩いていきたいよーーん

沖縄かーー
昔は毎年行ってたのに
イタリアからはさすがに遠い

でもこういう生活、憧れます
イタリアの次は離島かなあ、なんてね ははは
Commented by m_benten at 2010-07-29 08:20
cocomeritaさん
離島、いいですよね。。。
私も憧れますが、、

まだまだですね~

イタリアもうらやましいですよ!!


<< 暑中お見舞い 申し上げます。 弁天スタジオ・石垣島の巻き  その2 >>