奥平真吾 The Force

e0002690_122771.jpg


奥平さんのプロフィールを少しだけ抜粋してみました。

19年間のN.Y から去年帰られて再編した 「The Force 」

凄いバンドです、弁天に、き・き・来ます!

Sマネージャーがどのようにセッティングしてくれるのかも楽しみ!


1975年、僅か9才の時にジャズクラブのセッションにおいてドラミングを披露、
少年天才ドラマーとして全国版のニュース番組に報道され一躍時の人となる
1977年に初リサイタルを赤坂TBSホールで催し、1978年、11才の時にデビュー・アルバム「処女航海」をリリースする。
中学生の時に本多俊之(As)に誘われて本多俊之バーニング・ウエーブに参加。以後、高校在学中にも数々のセッションやレコーディングに参加している。
法政大学在学中は益田幹夫(Pf)カルテット、辛島文雄(Pf)トリオに参加し本格的なジャズ活動を始め、ピュアなジャズドラマーとして不動の人気を得る。
大学卒業後の1991年、24才の時に更なる飛躍を求めてニューヨークに移り住む。
そのニューヨークでは、多くのミュージシャンから信頼され、かつてのマイルス・デヴィス(Tp)のメンバーであったカルロス・ガーネット(Sax)のバンドにレギュラードラマーとして起用される。
ニューヨーク在住は19年間にわたり、ベテランといわれるミュージシャンから中堅や同年代のミュージシャン達との交流は数多く、奥平真吾のユニットとして何度か日本国内のツアーもしている。
リーダー・アルバムは1978年「処女航海」、1995年「キリフィ」、1996年「マコンデ」、1998年「アリセマ」、2009年「ザ・フォース」(PILJ-0001)の5作品を発表している。
2010年7月に日本へ帰国、これを機に奥平真吾The Forceのメンバーを再編し、国内の先鋭的なバンドとして活動を始めている。
http://www.pit-inn.com/okudaira/

にほんブログ村 音楽ブログへ
by m_benten | 2011-11-15 01:21 | スタジオより | Comments(1)
Commented by FAKE oakleys at 2014-07-22 02:36 x
奥平真吾 The Force : 弁天スタジオ
FAKE oakleys http://fakeoakleys.uniquehoodia.us/


<< 弁天スタジオ・月末金曜ライブ Cab Calloway  ... >>